ジョジョに気になるフンガミブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョジョに気になるフンガミブログ

暇つぶしの雑記だよ!

オリコンはもうオワコン?じゃあビルボードを見ればイイじゃない

最近のオリコンチャート、上位はほとんどアイドルで占められてますよね。

それを見て、知ってる曲が全然無い。J-POPはオワコン。

なんて言う人も結構いるんじゃないでしょうか。

 

しかし邦楽が終わったわけではありません。CDの天下が終わっただけなんです。

CDを買う人が減り、好きな曲をYouTubeで聴いたり、配信で購入したり、定額制の音楽聴き放題サービスで聴いたり、というふうに聴き方が多様化していますよね。

 

オリコンはあくまでもCD売り上げのランキングなのでアイドルが強い。CDにおまけを付けたり、収録曲をちょっと変えたバージョン違いを出したりして、ファンがひとりで同じタイトルのCDを複数枚買ったりするので必然的に上位にはアイドルが多くなります。

別にアイドルを悪く言うつもりはありません。良い曲も多いですし、実際ぼくも結構聴きます。売る側としては売れるんだからそういう売り方をするのは当然だと思いますし。

ただそうなると、オリコンは日本で本当に聴かれている音楽をランキングに反映できているとは言えませんよね。

 

そこで僕がチェックしているのがビルボードジャパンのチャートです。

あの有名なアメリカのビルボードチャートの日本版。

ビルボードオリコンと何が違うのか

オリコンは前述したとおりCD売り上げのみで順位が決まります。

一方、ビルボードはCD売り上げに、他の色々なデータを加味して決まるんです。

 

たとえばビルボードのHot100というチャート

これはCD売り上げ、ダウンロード数、動画サイトの再生回数、ラジオでの放送回数、PCでCDを読み込んだ回数、ツイッターでのつぶやき回数、音楽聴き放題サービスの再生回数によりランキングが決まるんです。